骨移植

骨移植 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちわ、院長PIKOです
インプラント手術において、骨の移植は頻繁に行う事が多く
患者さまからもいろいろな質問をいただきます。

今回は骨移植についてお話してみたいと思います

---------------------------------------------------------------------
インプラントについての詳細はこちらのサイト
 「 押上インプラント 」 もご参照下さい。
---------------------------------------------------------------------

インプラント埋入時に骨の量が不足する場合には、
不足分を補填(ほてん)するために骨補填材料を使用します。
骨補填材料にはいくつか種類があり、大きく以下のように分類されます。

● 生体由来の骨補填材
   自家骨 / 他家骨 / 他種骨
● 天然由来の骨補填材
   サンゴ(炭酸カルシウム) / 石膏
● 人工材料
   アパタイト / β-TCP / 硫酸カルシウム / 生体活性ガラス など


さまざまな種類がありますが、天然由来のものは使用しないので省略します。
生体由来の骨補填材ですが、自家骨とはご自身の骨の事を指します。
当然、ご自身の骨を使用するのが一番です。
骨を移植すると聞くと驚くかもしれませんが、さほどたいしたことではありません。
例えば上の奥歯にインプラントを埋入するのであれば同じ手術部位から骨を採取します。
骨を採取する時間もそんなにはかかりません。

他家骨とは、他人の骨を指します。
アメリカを中心として使用されていますが、日本では認可がおりていないため使用はできません。
また日本では他人の骨というと多くの患者さんは拒絶されます。
もちろんメリットもありますが、これらは骨バンクが運営しており、主な使用は整形外科分野であり歯科インプラント治療への応用はまだ困難な状態です。

cerasorb.jpg

他種骨とは人以外、つまり動物の骨を指します。
動物?と聞くと嫌な感じがするかもしれませんが、同じ骨であり、免疫反応が起らない処理をすればまったく問題がありません。何より数が多いことから供給制限がないのがメリットなのですが、狂牛病(BSE)で有名になったように実際には問題がなくても『牛の骨を使用します』と言ったら希望する人はいるでしょうか?
医療の分野においては牛やブタの骨を使用した材料は古くから多く存在します。もちろんその安全性は高く、効果も実正されていまが、患者さんが希望しないかぎり勝手に使用はしません。

人工材料の骨補填材には、多くの移植材料があります。
これらは生体内でアレルギー反応等の問題を起こすことがないため安全性があります。
しかし、基本的には生体の骨とは構造が違うためそれ単体では骨にはなりません。
ご自身の自家骨と混ぜて使用することになります。

当医院では、自家骨をまず第1に選択します。
しかし自家骨でも足りない場合は、人工の骨補填材料を使用するときもありますが、
その場合には当然事前に十分な説明をさせていただいて了承された上で
インプラント治療をすすめてゆきます。

---------------------------------------------------------------------
インプラントについての詳細はこちらのサイト
 「 押上インプラント 」 もご参照下さい。
---------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oshiage1st.blog87.fc2.com/tb.php/92-0dc4993b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
これまでに世界で3例が報告されている顔面移植。研究者らが21日発表した論文では、移植を受けた患者は仕事をすることも可能であり、移植された部分が大きな問題なく長持ちする可能性が示された。 中国とフランスで行われた移植の例を2つの研究チームがそれぞれ医学誌...
2008/08/23(土) 19:43:57 | ブログニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。