ムダばなし

ムダばなし に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちわ、院長PIKOです



先日、知人のT先生(お医者さんです)が開業したので

その時の苦労話を聞かされました

T先生は開業するまでは、勤務医をしており非常に多忙だったため

4月末に退職、5月開業という過密スケジュールでの開業でした



そんな過密スケジュールでの開業ですから、当然一人でできるわけもなく

どことなく現れた医療コンサルタントに開業までの手続きをお願いしたそうです



通常、開業までの流れとしては、内装工事が終了したあと

管轄保健所に診療所開設届を提出し、認可後に社会保険事務所に

保険医療機関指定申請を行います。

その他にも、福祉事務所や労働基準局、税務署にも各手続きがあるのですが

とりあえずは、開設届けと保健医療機関指定をお願いしたそうです。



コンサルタントの方が行ったことは、

・保健所による審査の立ち会い

・保健所への書類提出

・社会保険事務所への書類提出

の3点


そして最後の社会保険事務所への書類を提出と同時に

手渡された請求書には、



諸費用 100万円 請求
 


と書かれていました



T先生は訳もわからず、忙しさもあって

払ってしまったそうです



無知だったT先生にも落ち度がないとは言えませんが

ずいぶん、ひどいコンサルタントだなぁとつくづく思いました



しかしこの業界は無知であるのをいいことに

足下をみてくる業者さんが結構います



知識をつけることも重要ですが

悪意ある業者がいなくなることを願うばかりです







スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちわ、院長PIKOです
飲む機会の多い季節、二日酔いは大丈夫ですか?


先日、行ってきました「CIRQUE DU SOLEIL
とある企業の招待日で参加したのですが
ほぼ最前列の席で観る事ができ、ラッキーでした

その内容は…

人間の域を完全に超えたショーただただ脱帽…
前半の綱渡りと後半の空中ブランコは特に見物ですよ

アクロバットな部分もすばらしいですが
要所要所の細かいこだわりや、ステージ細部のこだわりにも
目を見張る物がありますので、回し者ではないですが、
皆さんも是非ご覧になってみて下さい

IMG_0340.jpg




[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちわ、院長PIKOです
晴れやかな天気、気持ちいいですねぇ


今日は、診療の昼休みと合間をぬって
自民党本部にて、「塚田一郎と語る会」に出席してきました。
参議院議員であります、塚田先生は麻生首相の元秘書だけに
どのような人なんだろう?と話を伺うのが楽しみ。
講師にはTVでもよく見かけます、山本一太参議院議員。

20081003.jpg
写真手前中央右の頭が私‥

永田町裏話を交えた山本先生のお話は、
非っ常~におもしろく、話も上手で、そしてパワフル、
信念のこもった話は、おもわず応援したくなります
ひたすら感心です。

こういったセミナーに参加するのは初めての経験だったのですが
政治を身近に感じるきっかけとなりました。
んー、勉強、勉強。




[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちわ、院長PIKOです
様々な感動を残してくれたオリンピックも無事終わりました
期間中は厳重すぎる警備はどうか?との批評もありましたが
よく考えれば、チベット問題、四川大地震、新疆ウイグル問題が取りざたされる中
世界各国から80カ国以上の元首、首脳級が出席し
事なきを得るためにはそれぐらいの警備は厳重すぎるくらいが良かったのでしょう。
また日本の常識は世界の非常識と言われかねません‥‥

peijin.jpg


多くの名場面がありましたが、個人的に気に入ったものの一つは
開会式、閉会式で総指揮を取ったチャン・イーモウ(張芸謀)監督のセレモニーです
太極拳、京劇、水墨画などの中国文化とデジタルイメージを融合させ、
お得意!?のワイヤーアクションを髣髴させる、羽衣を着た人間が鳥の巣内を駆け巡り、
色とりどりの色彩をかもしだした演出には「さすが!!」の一言です


さて、
この大会では多くの国の多くの選手がいましたが
あなたがもし会社の社長ならば
どの選手を自分の会社で働いてもらいたいと思いましたか?




[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちわ、院長PIKOです
100㎏超級では日本が金メダルを獲得できて
本当におめでたいです
テレビでは一本にこだわる「柔道」vs勝ちにこだわる「JUDO」、
どちら派か?なる番組もありましたが、
んーくだらんねぇ


ルール改善など日本柔道に変革をもたらした部分もありますが
「柔道」は日本の伝統であり、お家芸であるわけですから
欧米柔道と異なるとは言っても、それらをしっかり研究し
判定にも強く、かつ一本を取りに行く柔道が王道じゃないでしょうか?


判定に負けて銀メダルの谷選手と
判定に勝ってみごと金メダルの石井選手の差が如実に物語っていると思います


大事なのは、慢心せずライバルは常に研究、対策を怠らないこと
強いモノが勝ち残るのではなく、
周囲の変化に対応し続けたモノが勝ち残るではないでしょうか?


しかし今回のオリンピックでは多くのことを学ばされます
一番の衝撃は何と言っても男子陸上100mの「ウサイン・ボルト」選手
世界新を出しておきながら、あの走りでは後半、手を抜いてますよね…
さらなる世界新記録の更新が見物です


今回で、野球とソフトボールがなくなりますが
今後陸上でも一位を取れなくなるであろうアメリカ勢が注力するのは
「水泳」、「バスケット」、「アイスホッケー」あるいは「ルールの変更」でしょうか?
バスケではMBA選手がごろごろ出場するのに、
野球ではプロリーグの選手が全く出場しないのには滑稽さを感じます。




[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。