墨田の街に押上ファースト歯科あり。そんな歯科医院を目指すPIKO院長の勝手気ままなブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちわ、院長PIKOです



先日、知人のT先生(お医者さんです)が開業したので

その時の苦労話を聞かされました

T先生は開業するまでは、勤務医をしており非常に多忙だったため

4月末に退職、5月開業という過密スケジュールでの開業でした



そんな過密スケジュールでの開業ですから、当然一人でできるわけもなく

どことなく現れた医療コンサルタントに開業までの手続きをお願いしたそうです



通常、開業までの流れとしては、内装工事が終了したあと

管轄保健所に診療所開設届を提出し、認可後に社会保険事務所に

保険医療機関指定申請を行います。

その他にも、福祉事務所や労働基準局、税務署にも各手続きがあるのですが

とりあえずは、開設届けと保健医療機関指定をお願いしたそうです。



コンサルタントの方が行ったことは、

・保健所による審査の立ち会い

・保健所への書類提出

・社会保険事務所への書類提出

の3点


そして最後の社会保険事務所への書類を提出と同時に

手渡された請求書には、



諸費用 100万円 請求
 


と書かれていました



T先生は訳もわからず、忙しさもあって

払ってしまったそうです



無知だったT先生にも落ち度がないとは言えませんが

ずいぶん、ひどいコンサルタントだなぁとつくづく思いました



しかしこの業界は無知であるのをいいことに

足下をみてくる業者さんが結構います



知識をつけることも重要ですが

悪意ある業者がいなくなることを願うばかりです







スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちわ、院長PIKOです



いやーさぼってました、ブログの更新…
気付いたら3ヶ月も更新していなかったのですね
という訳で、気持ちを切りかえてやっていきたいと思いますっっ



当医院は今年から厚生労働省が認可する臨床研修医登録施設となりまして
先月、母校においてマッチングに行ってきました



マッチングとは、研修医の集団就活みたいなもので
今回は、およそ100あまりある歯科医院に対し、
88名の研修医の先生方がそれぞれ希望する歯科医院の説明を聞いていました



歯科医院の数も多いので2日間(1日目前半・後半・2日目)に分けて行われ
私は2日目の参加だったのですが、
何分初めての参加でしたから、多くても7,8人の研修医の説明希望者がいれば
いいのかな?と思っていたのですが…



終わってみれば
な、なんと45名もの説明希望者がいました



3人椅子のブースで、1ターム10分ほどでしたから
正直人数が多すぎて、ほとんど説明できず
研修医の皆さんには本当に申し訳ないなぁと思う次第です



一般社会人も同じだと思いますが
社会人となって最初の3年間は非常に大事な時期ですし
そこで得た基礎能力や考え方は、その先の未来を大きく左右することが少なくありません


ですので、ご縁のある先生方とは
より良い人間関係を築いていきたいと思っております



[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちわ、院長PIKOです
なんだか周囲は風邪&インフルエンザが流行っております
皆さんもお気をつけください

ishiba.jpg


今日は診療の合間をぬってシリーズ第二弾
参議院会館にて、政経セミナーに参加してきました
ゲストはあの、石破茂農林水産大臣


石破先生と言えば
防衛オタク、理路整然とした説明、微妙に違うところを見ながらゆっくりしゃべる仕種、という印象があります(私だけかな!?)が、実際見る石破先生はTVで見るより小さかった


お話の内容は
日本の農林水産の現状から、これからの日本の未来について、
防衛、外交、選挙の話など、短時間(1時間無かったかな?)の中で
とてもわかりやすく、興味深い話を聞く事が出来ました


日本の10年、20年、さらにその先にどうあるべきで
そのためには、今何をしないといけないか、
そういった視点で政治の舵取りをされている
本当に志の高い政治家だなぁと思いました


政治屋は次の選挙を考える
政治家は次の時代を考える


今の日本はまさに、
政治家の質が問われる局面にあるのだなと思う反面、
やはり我々、国民一人一人がもっと政治に興味を持つべきだし
我々一人一人が国に対して何ができるか、意識を持つ事が重要なのではないでしょうか?

政治の声を伝える力をもっと国民に!
多くのマスコミは、政治批判を好むけど、称賛は多くありません
これって日本人の気質なのでしょうかねぇ?


[RSS] [Admin] [NewEntry]

こんにちわ、院長PIKOです

昨日はオバマ大統領の就任演説を見ていた方も多いのではないでしょうか?
いいことを言いますよね。
聞いていて体が熱くなるのを感じました。

原稿を見ながらでないと話せないどこかの政治家とは違い
自分の言葉として話すスピーチには、やはり人を引きつけるものを感じさせられます。

私もと~っても、スピーチが下手なので偉そうなことは言えないのですが
以前、学んだスピーチセミナーでは
スピーチ(プレゼン)の本質とは「プレゼントすること」と教わりました

得てしてかっこつけたり、飾った内容を伝えようとするから
上手くスピーチは出来ないのであって
相手に心からプレゼントをするつもりでスピーチして下さいと教わってからは
少しずつスピーチに対する抵抗感がなくなっていった気がしています。

さて、オバマ氏のスピーチの中で、こんなフレーズがありました
「責任を果たすべき新たな時代だ。
我々米国人一人ひとりが、自分自身や国家や世界に義務を負っていることを認識し、
こうした義務を嫌々ではなく、喜んで受け入れることだ。」

自分のうまくいかない状況の責任を
人のせい、会社のせい、国のせいにするのは簡単です

しかし大不況の今だからこそ
国民一人一人が、今ここで生きている事の責任と義務をもって
喜んで受け入れる事が大切なんだというメッセージは
とても心を打たれます

ケネディ大統領の言葉にもありますように
「あなたの国家があなたのために何をしてくれるかではなく、
あなたがあなたの国家のために何ができるかを問おうではないか。」

これは私の大好きなフレーズなのですが
改めて考えさせられます

あなたが恋人・友人のために何ができるだろうか?
あなたが家族のために何ができるだろうか?
あなたが会社のために何ができるだろうか?
あなたが日本のために何ができるだろうか?




[RSS] [Admin] [NewEntry]

明けましておめでとうございます
今年も皆さま、どうぞよろしくお願いいたします

三ヶ日は通常と言いますか、特に出掛けたりはしませんでした
地味ですが、我が家では書き初めをしておりまして
めでたい詩や歌、句ではありませんが、今年一年の目標みたいなものを
半紙に書いて張っております

毎日目に止まるものになるので、なんだか気が引き締まります

さて年末年始で読んだオススメの本です

神々の沈黙―意識の誕生と文明の興亡

20090101.jpg

「人間の意識の歴史」を考古学だけでなく人類学、動物行動学その他の見地から分析し、
非常に興味深い仮説をたて研究している内容なのですが、

人間の意識は、今からわずか3000年前に芽生えたもので、
意識誕生の以前の人間は右脳に囁かれる神々の声に従う二分心の持ち主で
彼らこそが世界各地の古代文明を創造していった

しかしやがて、二分心は崩壊し、人間は文字と意識を得た代わりに
神々は沈黙した…
という内容なのですが

いやーメチャクチャおもしろいですよ、これ。
巷では、何とか勉強法とか、右脳なんとか~、みたいな本が流行っていますが
仮説とはいえ、このように人間の意識の歴史を分析してみるのも
おもしろいかもしれませんね。

年明け早々、良い本に出会えてラッキーです

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。